スタイリッシュな仏壇を購入するときの手順

親戚や会社関係者・ご近所の人たちなど大勢の参列者を呼ぶことなく家族など近しい人のみで行なう家族葬というのが広がってきているのをご存知でしょうか。日本人の宗教離れの傾向もあり、このような葬儀だけでなく僧侶を呼ぶことなくお別れと火葬のみの直葬や、お骨をお墓に入れることなく海や山に撒く散骨などの儀式も少しずつ考える人が増えています。ただ、大切な人が死んだ後も何らかの形でつながっていたい・親戚や知人友人の手前必要だからと仏壇を購入する習慣はまだ廃れてはいないようです。とはいえ、今の洋風のリビングに合うようなスタイリッシュなものが広まりつつあります。人の死に冠する儀式は昔からの伝統もありますが、それと共にそれぞれの時代に合わせて変化していっている部分もあるのです。

モダン仏壇とはどういうものなのでしょうか

昔ながらのものと言うと、職人による細かな彫刻やきらびやかな金箔・重厚な漆塗りなど絢爛豪華な雰囲気のものが一般的です。大変にすばらしい日本の伝統品ですが、今の我々の生活には合いません。仏間はおろか、畳の部屋自体もなくなってきており、狭小住宅も多い中で、置くための場所もありませんし、なんとか置くことができたとしても違和感があり浮きすぎるのです。現在の日本の住宅に合うスタイリッシュなデザインのもの、それがモダン仏壇です。メープルやチーク・ウォールナットなどの素材を作り、シンプルでスタイリッシュなデザインは従来のものと違って宗教色が完全に抑えられています。そのためどこにでも置くことができおしゃれなのです。箪笥やチェストなどの上に置くことができるようなミニタイプのものもあります。

購入する場所とその方法について

ただ、テレビCMなどで流れるのは昔ながらのもの。お店に行っても従来品が幅を利かせる中で、どこで選べばよいのでしょうか。とにかく多くの種類の中から自分の趣味に合うものを選びたいというのであればインターネットが最適です。テナント料や人件費がかからず安く購入出来るというメリットもあります。それに24時間いつでもどこでも選び放題です。家具や家電を選ぶのと同じように好みや置く場所の寸法に合ったものを選び、注文すればよいだけです。ただし、普通の家具とは違って宗教的に使用するものだけに、宗派に合ったものを選び出すようにしましょう。場所が狭いからと小さいタイプのものを選ぶのもいいですが、毎日のお祈りをするのにかかせない道具類をきちんと収納することができるものでないと困ります。事前に知識を入れた上で選び出す必要があるのです。